神前式と式で行われる儀式

神前式とは主に神社で行う結婚式のことです。新郎新婦、両家の親族一同が顔を合わせて神前に二人が結ばれたことを奉告し、感謝と共にこれからのご加護を祈る儀式です。神前式では、お神酒を呼ばれる日本酒で新郎新婦が契りの盃を交わす三献の儀と、親族が一緒に盃を交わす親族盃の儀が行われます。古くより日本人は神様にお供えしたお神酒には人と人とを結びつける力があると信じてきたため、新郎新婦だけではなく両家も同じ酒を飲み交わすことで固く結ばれることを願う儀式です。

低予算での挙式スタイル

昔ながらの大勢招待する挙式スタイルから、最近は少人数でも行うことができる結婚式を行うケースが増えています。式場でも20人以下の少人数のプランや披露宴はあげずに、身内や親しい人だけでの食事会など、低予算でシンプルなプランも人気です。挙式日も日取りにこだわらずに、シーズンオフなどに通常よりも安い料金で結婚式を挙げられるようにするプランもあります。最近では、低予算でも思い出に残る結婚式を実現できるようになっているのです。

タイミングと縁の結婚情報

© Copyright タイミングと縁による結婚. All rights reserved.