どんな婚約指輪が選ばれているか

婚約記念品としての婚約指輪は、従来であれば結納品に加える形で贈られることが多かったのですが、最近は、そもそも結納は行わずに、記念品を贈ることで、これに代えるというカップルが増えてきています。では、どのような婚約指輪が結婚記念品として選ばれているのかというと、やはり宝石があしらってあるタイプの指輪が最も人気があるようです。また、宝石の種類に関しては、本来であれば、1月生まれの女性であればガーネット、といったように誕生石をあしらったものを贈るのが正式なルールなのですが、実際にはダイヤモンドが選ばれています。

結婚指輪のサイズ直し

結婚指輪は夫婦の愛情をつなぐ証であり、大変大切なものです。着用中の悩みとして一番多いのは、サイズの問題です。一般的に結婚を考える年代である二十代や三十代は、男女ともに体質が変わりやすい年代でもあります。結婚後の食生活の変化や育児をしている家庭の夫婦などは、急に太ることも多く、結婚指輪のサイズが合わなくなることもよくあります。そのような場合は諦めるのではなく、サイズ直しの修理に出すことをおすすめします。サイズに関しても指輪に必要な手入れと認識し、定期的に確認をする習慣をつけましょう。

タイミングと縁の結婚情報

© Copyright タイミングと縁による結婚. All rights reserved.