結婚はタイミングと縁が大切

結婚は交際期間よりもタイミングと縁です。長く付き合ったから相手がよく理解できると言うわけではなく、将来が見える話ができる人こそ未来を考えられる人です。どんなに長く付き合っても分かり合えない、理解し合えないなら一緒になったとしても未来はずっとそのままです。短い期間でも相手の本質を見抜いて理解し合えたなら、相手を思いやる気持ちも生まれます。いつも我慢をして『結婚したら変わってくれる』と思うのは間違いで、相手の本質は変わりません。変わらない我慢がずっと続くのです。ストレスをためない環境を作り、相手を労わり、お互いに尊敬する事が二人の未来を創る事が出来ます。

二次会 景品盛り上げたいならこちら。
盛り上がるかどうかは景品選びの幹事の腕の見せ所です。そんな幹事の為のお助けサイトはこちらです。極意を伝授していますよ。

タイミングが大事なこと

タイミングが大事なことってたくさんあります。中でも結婚こそまさにタイミングを必要とするように感じます。友人には5年6年交際して別れた話は多いです。かえって交際から一年くらいのカップルの方が話はとんとんと進みます。またその後うまくいくもいかないも、交際期間の長さはあまり関係ないです。すぐに結婚したい、しましょうとなるカップルの方が長く続くようです。長過ぎた春という言葉もありますが、早い時期に決断出来ない二人は同じ方向を見れないのかもしれません。友人が交際半年でプロポーズし、一年後は一緒になりました。その話をしてくれた時、これが縁なんだと思うと言うのを聞いた時、感動しました。

タイミングと縁の結婚情報

© Copyright タイミングと縁による結婚. All rights reserved.